沖縄県立宜野座高等学校


 

訪問 2003年2月16日


☆School Data

所在地 沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座1
交通手段 那覇バスセンターからバス21番・77番で宜野座高校前下車すぐ
(那覇から約1時間40分)
那覇バスセンターからバス111番(高速バス)で宜野座IC下車徒歩10分
(那覇から約1時間)
設置学科 普通科
学区 宜野座村・金武町など(沖縄県の普通科の学区は各高校ごとに決められ
ている)
平成17年度学区改編:国頭学区(名護市・宜野座村・恩納村の一部など)
生徒数 449名(男子213名・女子236名)
学校紹介 1946年創立。創立以来、宜野座・金武・名護市久志地区を校区としており、
校区内唯一の高校として、地域に根ざした学校である。
写真にもあるように、2003年のセンバツ高校野球に2度目の出場。
地域に根ざした活動が評価され「21世紀枠」で初出場した2001年は、ベスト
4まで勝ち進み旋風を巻き起こした。また、ラグビー部も花園出場の経験が
ある。部活動の参加率は約70%と高い。また、「朝の読書」活動や、生徒の
進路に応じた教育課程や学校独自科目の設定(「沖縄の歴史」「郷土の音
楽」「フィットネス」など)、習熟度別授業なども実施している。
村の中心部にあるが、日中でも車の通行量は少なく、静かな環境である。
訪問した日、グラウンド横のテントでは野球部が練習していた(下写真)。