岩手県立一関第一高等学校



訪問 2008年9月7日

☆School Data☆
所在地 岩手県一関市磐井町9−1
交通手段 JR東北本線・一ノ関駅下車徒歩15分。または岩手県交通バス
「一関一高前」下車徒歩3分
設置学科 普通科・理数科
学区 両磐学区(一関市など)
生徒数 733名(男子362名・女子371名)
学校紹介 1898年、県内2番目に開校した高校。戦前から、盛岡中学(現:
盛岡第一高校)に対する強いライバル意識を持つと言われ、進取
の校風である。県内の他の旧制中学からの伝統を持つ高校と同様、
応援団の活動が非常に盛んで、新入生にはハードな応援練習が課
されている。また、部活動も盛んで野球部(硬式)は平成16年春の
選抜高校野球「21世紀枠」で甲子園出場、野球部(軟式)は東北大
会優勝、音楽部(合唱)は東北代表として全国大会出場。「合唱の
町」一関を代表する高校として、今年(2008年)10月に一関市で開
かれる「東日本合唱祭」に地元代表として出演する。また、先日の
「岩手・宮城内陸地震」に際して、定期演奏会での収益の一部を寄
付するなどの活動も展開している。2009年から、県内初の併設中
学校を創立する。卒業生に深沢晟雄(旧沢内村村長。老人医療費
無料に着手、国内初の幼児死亡率ゼロを達成した村長で、「その
時歴史が動いた」でも紹介される)など。
                           
      

学校そばを流れる磐井川に架かる磐井橋から眺めた一関第一高校(写真中央)