石川県立小松高等学校


 クリックすると公式ページのリンク集(大教大作成)へジャンプ! 

訪問 2003年1月3日


☆School Data

所在地 石川県小松市丸内町二ノ丸15
交通手段 JR北陸本線・小松駅下車徒歩15分
設置学科 普通科・理数科
学区 第1学区(小松市・加賀市など)
生徒数 956名(男子521名・女子435名)
学校紹介 1899年創立の伝統校。県下でトップクラスの進学校で、ほとんどの生徒が大学進学する。
進学校であるが、文武両道で部活動が活発。野球部は星稜・金沢など私学の強い石川県で近年2度の夏の甲子園出場、いずれも延長戦で惜敗した。また「自主自律」の校風のもと、生徒会が制定した「生徒清規」(1953年制定)が校則の中心となっている。
創立以来一度も移転がなく、学校は小松城趾のすぐそばに位置する。多くの大木が校内にあり長い歴史を物語る。卒業生に雪の結晶の研究で知られる中谷宇吉郎(理学博士)など。校舎の前面改築工事中で、平成17年度には新校舎が完成予定(そのため、校門周辺も工事中だけど、こんな高い壁は必要なのだろうか。。。)。

♪朝夕仰ぐ白山や とはに変わらぬふるさとに 若きいのちをはぐくみて 正義をおのが友となし いざや励まん学びの道を ああわれらが母校 小松高校♪