旅の写真館

「校門めぐりの旅」ですが、校門だけが目的(?)の旅ではなくて、旅先でいろんなものを見てきてます。その写真を集めてみました。


これは、長野電鉄木島駅(長野県飯山市)に残る「雪囲い」です。飯山市は全国有数の豪雪地帯。駅舎も古いたたずまいで、長年の風雪に耐えてきた歴史を物語っています。しかし、乗客数の減少で、2002年3月限りで廃線となりました。

訪問校→飯山北高校

市立銚子高校から見た銚子市街。奥には太平洋の水平線も望めます。太平洋岸にある銚子市ですが、この日は日陰に雪が積もってすごく寒かったです。。。
銚子を訪れた時は、銚子駅から犬吠埼・外川まで1両の小さな電車がのんびり走る銚子電気鉄道(通称・銚電)に乗って犬吠埼への小さな旅を楽しんでは?
銚電の「手焼きぬれ煎餅」は安い上に、美味しいですよ!確か全国発送OKだったと思うのでおみやげにもいかが?

訪問校→市立銚子高校

江ノ電・鎌倉高校前駅から見た風景。相模湾と三浦半島が望めます。ここからはうまく見えないですが、七里ヶ浜駅前からは江ノ島と富士山が望めました。
江ノ電は鎌倉〜藤沢間を走る全長約15kmの小さな私鉄です。
沿線には「江ノ島」「鎌倉大仏」「湘南海岸」などの名所が目白押し。充分、1日が楽しめます。江ノ電沿線の観光には自動販売機でも買える、1日乗車券「のりおりくん」(¥600)が便利!
江ノ電は観光地を走る電車という縁で、京都の「嵐電」(京福電鉄嵐山線)と姉妹関係にあります。

訪問校→鎌倉高校

コトデン(高松琴平電気鉄道)・平木駅にて。香川県を走る地方私鉄・コトデンは「動く旧型電車博物館」と言えるくらい、様々な戦前型の旧型電車が走っています。現在は淘汰されつつありますが、まだ残っています。そのコトデンは昨年12月、地方鉄道初の民事再生法申請という経営危機に立っています。私も何度もこの旧型電車に乗りに高松に来ましたが、その度気になったのが社員の態度の悪さ、というかやる気のなさ。やはり私だけでなく多くの乗客が感じていたようで、かなりマスコミでも叩かれていました。その後、コトデンは再建に乗り出し、JRと共通の割引きっぷの発売、「旧型電車まつり」などのイベントの積極開催などの企業努力を始めています。今後に注目です。訪問校→三木高校

横田高校(島根県)前から見た横田町の町並み。横田町は広島県境と接する中国山地の山間の小さな町です。横田町を通るJR木次線沿線は、隠れた観光名所がいっぱいです。本場の出雲そばに舌鼓が打てる亀嵩駅。日本で唯一の3段式スイッチバックがある出雲坂根駅。出雲坂根駅構内で自由に飲める湧き水「延命の水」。出雲坂根〜三井野原間の国道314号線「おろちループ」が見える所では列車も徐行してくれます。
木次線は列車の本数が少なく、訪問は大変ですが、その分ローカル線のムードはいっぱいです。

訪問校→横田高校

小樽桜陽高校前から見た小樽湾と小樽市街。小樽に来たら、やっぱり寿司とラーメンは絶対食べる価値ありです。

寿司はJR小樽駅内にある回転すしでも充分楽しめます。回転すしとはいえども北海道のレベルは高い。

訪問校→小樽桜陽高校


橋本高校(和歌山県)前から見下ろす橋本市街と紀ノ川。橋本市のとなりの奈良県五條市は柿の葉すしが名産。
橋本駅の売店でも買えますよ!高野山入口ののどかな街ですが、現在は大阪のベッドタウンとなりつつあります。

訪問校→橋本高校

JR山口駅にある「学園案内」。JR山口線の周防下郷〜宮野駅間の各駅にはこのような「学園案内」がが制服のイラストつきで載っています。このような案内は全国でもここだけでは?

訪問校→山口高校

HOMEへ  写真館その2へ  写真館その3へ  写真館その4へ 写真館その5へ