Homeはこちらから

大阪府立夕陽丘高等学校


  

訪問 2009年2月12日


☆School Data☆

所在地 大阪市天王寺区北山町10−10
交通手段 JR大阪環状線・桃谷駅下車西へ徒歩5分
設置学科 普通科・音楽科
学区 現:第3学区(大阪市天王寺区、東大阪市、富田林市など)
生徒数 794名(男子310名・女子484名)
学校紹介 1906年開校。戦前は高等女学校として、天王寺などの
商家の才媛が多く通った。難波京大路跡に立地し、交
通の便も非常に良い。1995年に音楽科を設置、320人
収容のオーケストラホールなどの恵まれた設備を持つ。
また、校舎も改築され7階建ての近代的な校舎を持つ。
卒業生に久米愛(初の女性弁護士)、有馬稲子(女優)、
赤松良子(元文部大臣)、小田実(作家「ベ平連」)、塩田
正幸(関西テレビアナウンサー)など。



「夕陽丘」の校名・地名の由来である四天王寺の西門。
西門の前(西側)には石の鳥居があり「極楽東門中心」という文字が刻まれた額が取り付けられている。
この石鳥居から西の世界──今宮戎へ行くこの坂(逢坂)は、極楽へおもむく道、西方浄土への道とされていた。
春秋の彼岸の日には、西門の向こうに沈む夕陽に極楽の姿を重ねて、人びとは極楽への思いをかけた。
この時ばかりは身分のわけ隔てなく、すべての人びとが涙を流しながら沈む夕陽に向かって祈りを捧げた。

そのことから「夕陽丘」の地名が付けられたと言われている(四天王寺周辺は丘陵地帯です)。